どのような種類の建物があるか

積み木と間取り

家を貸す場合でも、建物の種類によって顧客が全く異なる可能性があります。例えば、一戸建て住宅の場合は家族向けの住宅として設計するのがよいでしょう。一人暮らしの人がわざわざ一戸建て住宅を借りる可能性は少ないからです。家族の構成を考えて住宅を設計すると、より人気のある賃貸住宅が出来上がります。例えば、一般的な日本の家庭として想定されるのは子供二人の家庭です。最近は一人っ子の家も増えてきましたが、それでも子供が2人から3人いる家庭は少なくありません。そうすると、住宅を借りる方の人も子供部屋を必要とするため4LDKを選ぶ傾向があります。一般的には、1階の部屋にリビングと和室があり2階の部屋には子供部屋や寝室などを採用することが多くなります。子供部屋は、子供が2人から3人いる場合には二つぐらいが用意しておいた方がよいでしょう。このように、間取りも少し考慮すると顧客のことを考えた家になりやすいです。それに加えて、場所などもよく考慮した方がよいです。例えば、駅から近いところは魅力的ですが、その分賃料が高くなる傾向があります。逆に、駅から遠いところは賃料が安い傾向があるでしょう。少しでも特に家を貸す場合には、駅だけでなくバス停から近いかどうかも考慮すると良いです。バス停が近いことにより、人気が出る可能性もあるからです。また、スーパーマーケットや病院などの立地も考慮して住宅を建築しましょう。

どれぐらいの費用がかかるか

家

家を貸す場合には、当然おかすための家を用意しなければいけません。新しく家を建築する場合には、可能なかぎりお金を切り詰めて建築する必要があるでしょう。都会などでは、新築の一戸建て住宅を貸し出している例はあまりないため、非常に重宝されます。家賃が多少高くても、それなりに人気の出る家になるでしょう。ただそうはいっても、建築費用が大きすぎると家賃を回収しても30年ぐらい回収し続けなければ元が取れなくなってしまいます。そのため、あえて新築で住宅を建築するのではなく自分が住んでいた家を投資に回してもよいかもしれません。

設備のことも頭に入れておく

住宅模型

家を貸す場合には、設備が壊れた場合オーナーが負担することになります。もちろん意図的に壊した場合であれば別ですが、そうでなければオーナー側が積極的に修理をし、あるいは取り換える必要があるでしょう。この場合、出ていくお金がどれぐらいになるかも頭に入れておかなければいけません。初心者の場合は特に、入ってくるお金ばかりを気にしている人が多いです。確かにそれも重要なことですが、それ以上に重要になるのは出ていくお金がどれほどになるかです。いくら家賃を高くしても出ていくお金が多すぎれば赤字になる可能性が高いです。

広告募集中