HOME>注目記事>どのような仕組みになっていて、どんなメリットがあるか

メリットにはどのようなものがあるの

男性

家を貸すことで得られるメリットは、やはり家賃収入が発生する点です。間取りや立地条件によってもそれぞれ異なりますが、大体毎月10万円以上の家賃収益を期待することができます。また物件を手放してはいないので、部屋が空室になったら自分で住むことも可能です。継続的な収入を得られるので、老後の蓄えにすることもできます。他にも家を貸すメリットとして、管理の手間から解放されるという点があります。持ち家が空き家になった場合、家が傷まないように定期的に換気や通水、掃除などを行わなければなりません。しかしこれを行うには結構手間がかかります。家を貸せばこの面倒な管理の手間から解放されることができます。

管理会社を選んで入居の許可をしよう

住宅模型

家を貸す仕組みは、まず管理会社を選んで条件を設定します。この時に建物登記簿謄本や建物登記簿謄本、間取図なども用意しておきましょう。次に行うことは、入居者を募ることです。これは管理会社が行ってくれるので、家を貸す方は特に何も行いません。申込に来た募集者が出てきたら、入居の許可をします。入居の許可は一度してしまうと撤回することは難しいので、入居者がどのような人かよく確認してから許可を下すようにしましょう。

入居者が住みはじめたら

男女

家を貸して入居者が住みはじめてからどのようなことを行わなければならないかというと、家賃の管理や借主からのクレーム対応などです。賃貸と言ってもただ貸すだけでなく、家賃が振り込まれていない時は催促をしなければなりません。また住居内で設備不良が起こった時の対応も行う必要があります。入居者の契約が完了して空室になったら、クリーニングやリフォームを行います。これらの費用は、すべて家を貸す側の負担になります。

広告募集中