HOME>ホットトピックス>契約内容も確認した上で管理を任せましょう

目次

どんな手順が必要か

家を貸すことで家賃収入を得ようとしている方の場合は、まず管理会社を選定するところから始めます。自身で契約などをするのは大変ですが、管理会社に委託すると、様々な諸手続き等をしてくれるのが良いところです。無条件というわけではなく、きちんと貸し出し条件なども決めて納得してから利用することとなります。どのようなスタンスで貸し出すのかを良く考えて、利用する会社を選びましょう。

初期費用が必要な場合も

管理会社を決めて家を貸すための準備をしていると、時には初期費用がかかることもあります。入居してもらうには屋内外も綺麗で設備も整っている方が好印象です。リフォームなどもする場合もあるので、よく相談して作業するかどうかを決めて下さい。

管理費用も発生します

管理会社に家を貸すことを委託するのは、利用する側としてはとても楽でいいのですが、その一方で管理費用も別途発生してきます。費用も適正なのか、見積もりなども出してもらった上で家を貸しても問題ないかどうかを見極めましょう。

契約は細かく確認しよう

家を貸すときには家賃収入のことしか考えていない方もいるのですが、いつかは家に戻ることを考えているのかそうでないかで借家の契約も変わってきます。原状回復のこともありますし、管理についても経理事務等が必要になります。

広告募集中